カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
 

昭和一桁の父

かねてから療養中でした父が永眠してしまいました。
『遂にチカラ尽きた・・・』
そんな風に見えました。

昭和一桁世代。
戦前、戦中、戦後と激動の時代を生き抜いてきた世代です。
戦争にはギリギリ行かなかった年齢ですが、
東京に住んでいた父は、東京大空襲を経験しています。

学徒動員で行っていた工場で空襲警報が鳴り、
近くの防空壕へ行ったら『よそ者はダメ!』と言われて
入れてもらえなかったそうです。
その後B29が飛んできて爆弾をまき散らし、
そのうちの一つが例の防空壕の入り口に落下して爆発。
その防空壕に避難していた人たちは全滅したそうです。

そんな生と死の狭間を潜り抜けて御年87才。
『ご苦労様、よく頑張ったね。』
そんな言葉しか出てきませんでした。

父の兄弟、母の兄弟姉妹はこれで全員が旅立ちました。
なんだか一つの時代が終わったような感じがします。
敬意をもって静かに見送ってあげようと思います。

数日間は葬儀などのため、
商品の出荷等でいつもよりお時間を頂くケースがあるかと思います。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

釈阿理 合掌

ページトップへ